漫画紹介

『エクレア rouge』から百合の世界を広げよう!参加している作家の方々をご紹介

今回は9月27日発売予定『エクレア rouge』に関するまとめ記事になります。

記事の内容としては、『エクレア rouge』に参加しておられる作家様や、その方が普段他にどんな作品を描いておられるのか、をまとめてみました。

気に入った作家さんがいたら、他の作品も気になりますよね。まあ個人で調べられる内容ではありますが、作家さんのことを紹介させていただこうと思います。

『エクレア rouge』について

2016年から始まった、百合だけを集めたアンソロジーコミック、『エクレアシリーズ』の第4弾になります。

2016年12月に無印となる『エクレア』、2017年7月に『エクレア blanche』、2018年1月には『エクレア bleue』が発売済です。

エクレア あなたに響く百合アンソロジーエクレア blanche あなたに響く百合アンソロジーエクレア bleue あなたに響く百合アンソロジー

※画像をクリックするとAmazonのページへ飛びます

今回発売のエクレア、その副題である『rouge』とは口紅、フランス語では赤色を意味する言葉です。今回はその副題に沿った形で、漫画の装丁も赤色がふんだんに使われていますね。

では、次の項目では参加しておられる作家の方々について、ざざっと紹介させていただきます。敬称を略している部分もありますが、ご了承ください。

コミック執筆陣

結川カズノ

Twitter:@kazuno_y

収録されている作品は『名も無き花へ』。無印のエクレアから続いてきた連作短編の最終話になりますので、「初めて買うから話が判らない」という方は前作までのご購入をオススメします。

今回の表紙を描いておられるのも先生ですね。紅の衣装に身を包んだ少女2人の絵は、rougeの名に相応しい美しさ。

普段はライトノベルの挿絵やゲームのキャラクターデザイン、児童書のイラストを主にされている方です。pixivでイラストが見られますので、そちらも。

Pixivはこちら

むっしゅ

Twitter:@omu001

収録されている作品は『sub rosa』。第24回電撃コミック大賞の銀賞を受賞された漫画家の方になります。

電撃コミックスNEXTから『ふりだしにおちる!』の第1巻が発売されており、こちらも百合漫画になっております。

可愛らしい絵柄で紡がれる日常コメディは、ノンストレスで読める極上の癒し。また紹介記事を書きますが、今回の短編を気に入った方はチェックしてみてくださいね。

【漫画感想】女子高生たちのゆる~い日常コメディ『ふりだしにおちる!』どうも! 退職して現在実家に戻っていますが、周りの目が冷たい波沢です! そんなことはどうでもいいので、今回の百合漫画紹介に移ります...

缶乃

Twitter:@_canno

収録されている作品は『無職とJK』。ヒモ生活をして暮らす無職が、お金持ちのJKから好意を寄せられる話です。こちらは以前のエクレアに収録されていた作品の続編ですが、読まずとも内容は理解できると思います。

皆大好き、もはや説明不要の缶乃先生。『あの娘にキスと白百合を』の著者の方であり、『サイダーと泣き虫』も超オススメの百合漫画になります。

あの娘にキスと白百合を』に関しては前回記事を書かせていただいているので、よろしければ参考にどうぞ。

【漫画紹介】百合好き必読!注目はキスをする”場所”『あの娘にキスと白百合を』秋服って可愛い服多いですよね。ついついたくさん買っちゃいます、波沢です。 さて、今回ご紹介させていただくのは『あの娘にキスと白百合...

カボちゃ

Twitter:@kabo_cha0726

収録されている作品は『はじめまして、久しぶり』。昔の親友と再会するも、微妙な距離感を感じるというお話ですね。手元に他のエクレアシリーズがないので記憶が不鮮明なのですが、確か『blanche』『bleue』にも作品が収録されているハズです。

カボちゃ先生は第24回電撃大賞で銀賞を受賞された方です。今のところ単行本の発売はないようですが、pixivの方で多くのイラストを公開してくださっています。

空や水の表現が素敵ですね。個人的に大注目の作家さんです。

pixivはこちら

仲谷鳰

Twitter:@nakataniii

収録されている作品は『わたしカスタムメイド』。昨今のVR事情を取り入れた作品になります。無印のエクレアの表紙も描いておられますね。

同日9月27日に『やがて君になる』6巻が発売。最新刊をつい先ほど読んだのですが、もう言葉にならないほど素晴らしい作品です。10月からはアニメも始まりますね。ちなみに読み方は「なかたににお」先生です。

古鉢るか

Twitter:@kovachi_luka

収録されている作品は『百の出合いより。』。出会い、ではなく出合いですのでご注意を。今回エクレアに初参加ということで、1ファンの私としては大喜びです。

古鉢るか先生と言えば、サンデーうぇぶりコミックスの『はなにあらし』が有名ですね。こちらも今注目の百合漫画。隠れて付き合っている女子高生2人を中心とした話で、ニヤニヤ間違いなしの1作。

伊藤ハチ

Twitter:@itou8

収録作品は『乙女の囀りと目覚め』。読み方は「おとめのさえずりとめざめ」です。どんな話かなんて最早説明すら不要。おねロリですか? おねロリです。我らが伊藤ハチ先生は、相変わらず攻めまくっております。

おねロリの百合アンソロジー『パルフェ』にも当然参加されており、既刊としては『ご主人様と獣耳の少女メル』や『合法百合夫婦本』、『月が綺麗ですね』など多数の著作が発売されています。おねロリ、ケモ耳が性癖にヒットする方には堪りませんね。

桐山はるか

Twitter:@kiriharu913

収録作品は『塵も積もれば愛となる』。とても個人的な感想ですが、登場人物の距離感、絵柄、何もかもがどストライクでした。

桐山はるか先生は百合姫で漫画を描いておられる方ですね。単行本自体はまだ出ていませんが、『citrus コミックスアンソロジー』や『ショコラ 社会人百合アンソロジー』に参加しておられます。

pixivの方で100以上ものイラストを公開してくださっているので、気になった方はそちらもどうぞ。

pixivはこちら

唯野影吉

Twitter:@tadanoakuta

収録作品は『あわせたら最後』。目を合わせたら相手の心が読めちゃう女の子と、心を読まれても平気な女の子の話。

主に同人活動をされている方で、バンドリの人気カップリング<みさここ>の同人誌を出しておられる印象が強いですね。好意を真っ直ぐに伝える女の子をとても可愛らしく描いてくださいます。

pixivはこちら

ヒロイチ

Twitter:@nikudaru

収録作品は『どん底の恋わずらい』。タイプの正反対な女の子2人の物語で、お互いどこか少しだけ歪です。いやぁ、めっちゃ好きな作品でした。絵も可愛いです。

著作には艦隊これくしょんの漫画があるようです。私自身は艦隊これくしょんに詳しくないので多くは語れないのですが、この可愛らしい絵柄で好きな作品を描いていただけるのは嬉しいですよね。

北尾タキ

Twitter:@kitao_taki

収録作品は『レジェンドと新人と私』。バリバリ社会人の百合作品になります。

私の曖昧で頼りにならない記憶に頼りますと、確か北尾タキ先生は全てのエクレアに参加しておられるハズです。普段は同人活動をされている印象ですね。

先生の作品は過去のエクレア、pixiv、同人誌などで読めますので、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

pixivはこちら

文尾文

Twitter:@namee_eee

収録作品は『好きの先にある』。とにかくイヤホンを半分こさせるぞ! という気持ちで描いたそうですが、とにかくイヤホンが半分こされてました。キャラの感情や距離感が絶妙で、文尾文先生らしい作品でしたね。

文尾文先生と言えば『私は君を泣かせたい』(全3巻)が7月27日に完結しました。涙もろいヤンキーの少女と、誰にも弱みを見せない優等生の少女の話。超がつくほどオススメの作品ですので、未読の方はぜひ。

天野しゅにんた

Twitter:@shunitter_

収録作品は『あたし、かのじょ、ともだち』。自分のこと、友達のこと、彼女のことを考えて女の子が悩む話です。

天野しゅにんた先生と言えば、私の中では『あやめ14』の印象がとにかく強いです。個人的に『私の世界を構成する塵のような何か。』も気になっていたので、これを機に購入しようかと思います。

森島明子

Twitter:@morishima_akiko

収録作品は『彼女のボタンをはずすとき』。半年付き合っても頑なに裸を見せたがらない女の子のお話です。

楽園の条件』や『瑠璃色の夢』など、多数の著作があります。実は私は1冊も単行本を持っておらず、今回初めてまともに森島明子先生の漫画を読みました。柔らかく丸みのある絵がとにかく可愛くて、今まで読んでいなかったことを後悔中であります。

平尾アウリ

Twitter:@h_auri

収録作品は『VTuberになろう!』。大流行VTuberを取り上げた作品で、相変わらず平尾ワールド全開でしたね。圧倒的な安定感で最高でした。オチにはとりあえず平尾アウリ先生を配置しておけば間違いないですね。

平尾アウリ先生といえば『推し武道』こと『推しが武道館いってくれたら死ぬ』や『まんがの作り方』が特に有名だと思います。可愛いキャラ、キレッキレのギャグ、テンポの良い展開、そして百合。私の大好きな作家様です。

作中に出てくるシャンシャンは何かって? 考えるな、感じるんだ。

まとめ

というわけで、今回は普段とは違った紹介記事を書かせていただきました。また何かしらのアンソロジーが出た際にも、こういった形式で記事を書いてみたいと思っております。

なお、私の百合に対する知識が浅いこともあって、先生方を充分に紹介できていないとは思います。逆に言うと、その分、今まで知らなかった漫画家の方や作品を知ることができました。

では、今回はこのあたりで。

ABOUT ME
波沢るい
働き始めて4ヶ月。適応障害を告知され休職中。どうせなら空いた時間でブログ作るかァ! と始めた次第。百合を読み、百合小説を書きます。