漫画紹介

【漫画感想】夢なき魔女は、夢追う少女に手を伸ばす『現代魔女の就職事情』

10日ぶりくらいの更新になってしまいました! お久しぶりです、波沢(@nmsw_r)です。久しぶりなのでテンション高めにいきます!よ!

今回記事としてまとめるのは『現代魔女の就職事情

無職が就職事情の話をするのはナカナカに複雑な心境ではありますが、超オススメの百合漫画なので、未読の方には是非読んでいただきたいですね!

この漫画のオススメポイントは

  • 全5巻で完結済なので、簡単に集められる。
  • 原作者は、少女たちの心情描写に定評のある相沢紗呼先生。
  • 魔女と巫女(しかもツンデレ)という激エモカップリングが楽しめる。

……など。言い出したらキリがないですね!

漫画を担当されているはま先生の画力も非常に安定していて、1巻から5巻まで高いレベルの仕上がりになっています。

さ、前置きはこのへんにして。以下から紹介記事をどうぞ!

『現代魔女の就職事情』について

『現代魔女の就職事情』とは?

15歳になったら独り立ちする、という魔女の風習に従い、とある海沿いの町にやってきた魔女の少女・玉城禰子。独り立ちなんて楽勝楽勝~♪ と思っていた禰子だが現実は甘くない。今の世の中、魔女は過去の存在として忘れられ、魔法を必要とする人もいなくなってしまったのだ。こんな現代世界で、禰子が生きてく道はあるの―――?

電撃ドットコム:『現代魔女の就職事情』STORYより

一応この世界は魔女のいる世界観なのですが、それでも魔女は古臭いみたいです。(ちなみに箒で許可なく飛ぶのは航空法違反だとか)

道に迷うならスマホで調べたらいい。薬が欲しかったら薬局で買えばいい。ホウキで空を飛べるからって、何にもならない! てなわけですね。

禰子自身も、本当は普通の高校生として過ごしたかった女の子。人助けをしてはみるけれど、空回りばかりで失敗続き。

だけど、禰子は誰かのために一生懸命頑張ります。多くの人と触れ合って、色々な経験を経て、成長していく。イマドキ珍しい、主人公が失敗を経験しながら成長していく物語。

そんな禰子の魔女修行を描いたのが本作『現代魔女の就職事情』になります。

キャラクタ紹介

玉城禰子(たましろねこ)

魔女。15歳。魔女になんてなりたくない、と思っており、女子高生に憧れを抱く。美容師さんもお手上げのネコっ毛。魔女としての能力はイマイチ。イマドキ系の性格であり、スマホで調べながら魔法を使う。基本的に失敗ばかりなので、共感性羞恥の人泣かせのキャラ。箒で飛べるけど残念ながら高所恐怖症。

中嶋菊花(なかじまきっか)

街にやってきたばかりの禰子を助けてあげた、心優しい女の子。将来の夢はパイロットだが、身長が低いため厳しい。禰子の召喚したキモイ魔物を見て「かわいい」と漏らしていた。喫茶店の娘で商魂たくましい。

水峯弥生(みなみねやよい)

女子高生黒髪ロングツンデレ巫女。ツンデレ巫女。大事なことなので2回言いました。幼い頃に読んだ本に憧れて「料理で人を笑顔にしたい」という夢をもつ。だが、実家の跡を継ぐ必要があるため親からは反対されている。3巻終盤から始まるデレシーンは最早凶器。

感想

とにかくキャラが可愛い! 絵も最高に綺麗!

漫画として読む以上、イラストは大事なところですね!

というわけで、サクサクっと写真を撮影。

美しい表紙ですね! 色使いが綺麗です。個人的には、禰子と弥生の色が対比されていて好きですね。え、弥生が写真に写っていないから判らない? じゃあ買って確認しましょうね!

美麗な表紙の絵柄そのままに、作中でも可愛らしくキャラが描かれます。

表紙買いは全然OK。あ、表紙可愛いかも! と思った方は今すぐ購入して大丈夫です。

1巻から既に絵柄は完成されており、作画が変だなーと思う点は1つもありません。ていうか、私も表紙買いしました。百合要素あるって知らなかったんですねーこれが。

百合要素だって強いんです

百合要素もキチンとありますよ! ツンデレな弥生と禰子の関係性は必見です。

まず、禰子は家がない。だから弥生のアパートに(違う部屋ですが)住んでいます。生活能力皆無な禰子なので、料理もダメダメ。対し、弥生は料理が上手い。

「仕方ないから料理作ってあげる。べ、別にあんたのためじゃないんだからね!」みたいな展開に期待しちゃいますよね……?

どうぞ! 期待して読んでください!

一貫して夢をテーマに描かれる、完璧な構成の5冊

この物語は『夢』がキーワードになっています。夢を追う女の子たち、というとキラキラした物語に思えますが、描かれているのは現実的な話だったり。

例えば菊花の夢はパイロット

ですが、彼女は身長が低いから厳しい。それに何より、彼女の父親は訓練中に亡くなっていました。そりゃもう、母親としては反対しますよね。

電撃コミックスNEXT:相沢紗呼(原作),はま著『現代魔女の就職事情』1巻p.44より

例えば弥生の夢は料理人

ですが、彼女は大地主である神社の跡取り。水峯神社の跡取りという立場に縛られ、母親からは調理師学校への進学を認めてもらえません。

電撃コミックスNEXT:相沢紗呼(原作),はま著『現代魔女の就職事情』3巻p.134より

このように、1巻から5巻にかけて、本作では一貫して『夢』や『目標』をテーマにしています。

さて、夢を追いかけるというのは美しいことでしょうか? 醜いことでしょうか? 夢がない人は、夢がある人に比べて劣っているのでしょうか?

夢というのは、持つと結構苦しかったりします。

私は18歳のころ小説家を夢見ていて、そのために毎日数時間執筆していました。しかし結果が出ない。でも結果を出すには書くしかない。

結果の伴わない努力とは酷く痛いものです。そのうち、書くことが苦しくなりました。

あんなに好きだった執筆が、小説家という夢を追ううち、苦しみに変わったんです。だったらこう思いますよね?

そんな夢なら、もたない方がいいのでは?

そんな問いに真正面から向き合って、答えを出してくれるのが本作です。

電撃コミックスNEXT:相沢紗呼(原作),はま著『現代魔女の就職事情』1巻p.53より

少女たちが悩み苦しみ、夢と現実に向き合い答えを出す。実に相沢先生らしい作風ですね。

まとめ

というわけで、今回は『現代魔女の就職事情』についてまとめさせていただきました。

魔女になんて別になりたくない。普通の女子高生でいたい。そう思っている禰子は、夢を追えない少女たちにとっては羨ましい存在です。

だって空が飛べるから。私はこんなに飛びたくても、飛べないのに。

だってどんな仕事にも就けるから。私は料理人になりたくても、なれないのに。

禰子には夢がありません。そんな彼女が果たす役割とはなんでしょうか。彼女が魔女として修業する日々は、少女たちに何をもたらすのでしょう。

魔女の在り方とは? 禰子だからできる魔法とは?

魔女・禰子が辿り着く在り方について、ぜひ見届けてほしいと思います。

以上、『現代魔女の就職事情』紹介記事でした!

ABOUT ME
波沢るい
働き始めて4ヶ月。適応障害を告知され休職中。どうせなら空いた時間でブログ作るかァ! と始めた次第。百合を読み、百合小説を書きます。