1次創作

【1次創作】さよなら、私のオートマタ【随時更新】

更新履歴:2018年9月2日-第0話を試験的に公開

カクヨム版はこちら。当然ながら、カクヨムの方が当ブログで読むより読みやすいです。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054886613394

あらすじ

少女アイリは魔女であり、天才錬金術師である。
彼女は穴倉のアトリエに籠り続け、一般にホムンクルスと呼ばれる人工生命体――オートマタを生み出し続けていた。
オートマタの目的は1つ。
人に寄り添い、人を幸福に導くこと。
それは世界から忌避される魔女にとって、残酷なほどに美しい目的だった。

そんな少女には欲求があった。
それは、オートマタが人の役に立っているのか知りたいということ。
生み出したオートマタがどうしているか、この目で見たいということ。

そして穴倉にこもって99年と4ヶ月。彼女は決意する。
世界に散った100体のオートマタ。彼女たちと、再会する旅へ出ることを。

これは再会と、出会いの物語。
つまり、別れの物語。

 

目次

第0話:待ってて、私のオートマタ

 

テスト運用中。縦書き実装未定。

改善案、要望等あればご一報ください。

ABOUT ME
波沢るい
働き始めて4ヶ月。適応障害を告知され休職中。どうせなら空いた時間でブログ作るかァ! と始めた次第。百合を読み、百合小説を書きます。