漫画紹介

【漫画紹介】純粋なギャルJK×小悪魔な清楚OL『高嶺の花はウソツキです。』

どうも、週に一度はケンタッキーを食べる波沢です!

本記事は、9月18日に発売された『高嶺の花はウソツキです。』の紹介/感想記事になります。特に事前情報も知識もなかったのですが、本屋に足を運んだ際、気になったので購入しました。

「好きになった人はいじわるなお姉さんでした」という帯に惹かれてしまいましたね……!

高校生と会社員。ギャルと清楚。ピュアと小悪魔。

これでもかと真逆の要素を詰め込んだカップリング。邂逅から結びまでキッチリと1冊で完結しているので、手に取りやすい漫画になっていると思います。

こんな人にオススメ!

  • JK×OLの歳の差百合が好き。
  • 何もかも正反対のキャラがくっつく話が読みたい。
  • ハッピーエンドが好き。
本記事には『高嶺の花はウソツキです。』の内容を含みます。

『高嶺の花はウソツキです。』について

『高嶺の花はウソツキです。』とは?

男運ゼロの女子高生の巡が痴漢から助けたのは、清楚なOL・雪帆。見た目も性格も巡とは正反対な雪帆に、恋の先生になって欲しいと猛アタック!! 困惑しながらも友達になると約束した雪帆だったが、彼女の本性はいじわるなお姉さんで…? アンバランスな二人のラブストーリー。

BOOK☆WALKER『高嶺の花はウソツキです。』あらすじより

少女漫画のような恋を夢見る女子高生・巡は、運命の出会いを求めていました。

しかし実際は、何人もの男性と付き合っては別れを繰り返し、友人からは呆れられる始末。ギャルの見た目とは裏腹にピュアな性格で、キスすらしたことがないのでした。

そんな彼女は、電車の中で痴漢の被害にあう黒髪の美人・雪帆と出会います。彼女を痴漢の被害から助けた数日後、巡は新しい彼氏にデートをすっぽかされ、挙句には別れを切り出されます。

1人落胆する巡は、雪帆と偶然再会。清楚で美しい雪帆の魅力を目にした巡は、恋の先生になってくれるようお願いするのでした。

しかし雪帆の内面は、清楚な見た目とは違っていて……?

キャラクタ紹介

向井巡(むかいめぐる) (参考写真左)

男運ゼロの女子高生。見た目はギャルっぽいが、中身は清純でピュア。痴漢から女性を助けるなど勇気もあり、優しい性格であることが判る。少女漫画のような運命的な出会いを求めている。

高槻雪帆(たかつきゆきほ) (参考写真右)

黒髪の美人。見た目は清楚だが、中身は小悪魔で人をからかうのが好き。巡の前では「大人で優しい雪帆さん」を演じていた。美人であるがゆえに陰口を言われたり、下心の見え透いた視線を向けられたりと、他者との関わりにウンザリしていた様子。

感想

ひたすらに”対比”を描いた一作

女子高生×OL、見た目ギャル×見た目清楚、清純×腹黒、……と、真逆の要素をもつ2人を組み合わせた本作。

巡の好意は純粋で真っ直ぐなもので、悪く言えば子供っぽい。大人として現実を知っている雪帆にとっては、あまりにも若々しい夢見がちな感覚です。

本作で最も強く対比されているのは、そんな2人の理想と現実だと思います。

少女漫画のような恋がしたい。運命的な出会いを果たしたい。子供としてどこまでも夢見がちな理想を追い求める巡。

同性からは妬みや陰口を受ける。異性からは下心のある視線で見られる。大人として自身の置かれた現実に冷たい感情を抱く雪帆。

こういった対比を描写しながら、最後には真逆だった2人が交わる瞬間が訪れる。

ド定番です。だからこそ良いんです。

他にも、探せば対比を描いているシーンは数多く存在します。普段は別れた相手の連絡先を躊躇せず消してしまう雪帆ですが、巡の連絡先は消去できませんでした。

一迅社百合姫コミックス:飴野著『高嶺の花はウソツキです。』より

こういった対比に注目すると、雪帆の抱く感情の揺れが良く判りますね。

ナッバリングタイトルでない良さがある

冒頭で書きましたが、1冊で纏まっているのが良いです。

もちろん、2巻、3巻、……と続くに越したことはないのですが、ダラダラと物語が続くより、出会いから結末までを1冊でキチンと描き切ってくださったのが嬉しいですね。

もちろん、この後の展開も読みたいというのが本音です。オマケエピソードを読むと、一層続きが読みたくなりました。なんとかなりまりませんかね!

しかし、メリットに目を向けると、ナンバリングがないことで手に取りやすくもなっています。1巻で完結する漫画としてクオリティが充分に高いと思うので、人へのオススメもしやすいですね。

歳の差百合の王道を抑える

序盤から中盤にかけては雪帆が巡をリードし、終盤では巡が雪帆の手を取ります。王道展開ですね。

汚れた感情ばかりを向けられてきた雪帆にとって、眩しいくらい純粋な巡の好意は子供っぽい。でもそれは、彼女自身最も欲していたものでした。

年齢や立場が違うからこそ向けられる感情は、いつしか雪帆の心を揺さぶります。

ウソをつき続ければ関係は崩れなかったのに、自分が仮面を被っていたことを告白してしまう。本当の自分を知っても、彼女なら受け入れてくれるかもしれない、そう思ったから。

いつしか雪帆も、巡のように理想を抱くようになったわけですね。

年下に影響される年上。これもまた、歳の差百合の醍醐味だと思いました。

まとめ

というわけで、多くの対比を描いた『高嶺の花はウソツキです。』の紹介記事でした。

女子高生×OLということで、歳の差百合が好きな方には間違いのない一冊。

色々な百合好きの方に読んでいただきたいですね!

ABOUT ME
波沢るい
働き始めて4ヶ月。適応障害を告知され休職中。どうせなら空いた時間でブログ作るかァ! と始めた次第。百合を読み、百合小説を書きます。