漫画紹介

【漫画感想】野球好きは2度おいしい!激熱、少女野球×青春×百合漫画『球詠』

どうも、完全に昨日ブログを更新し忘れてました、ポンコツです!

さて、今回ご紹介させていただく漫画は『球詠』

こんな人にオススメの大真面目な野球漫画です!

  • 野球好き! 野球×百合とかもう堪らん
  • 王道野球漫画が読みたい

少女たちが真剣に高校野球に取り組む青春漫画であり、丁寧な野球の描写も魅力的。百合好きの方にはもちろんのこと、野球好きの方には特に読んでいただきたい漫画です。

そして注目すべきはタイトル! 主人公の女の子(投手)が詠深で、相棒である女の子(捕手)が球姫。つまり2人のカップリング名が題名になってるんですね。

そんな約束された青春・野球・百合漫画『球詠』の紹介記事を書かせていただきましたので、続きは下記からどうぞ!

 『球詠』について

『球詠』とは?

 

中学時代、1回戦負け野球部の投手だった武田詠深。捕手が捕れないため、投げられなかった「魔球」への後悔を抱えたまま、進学した高校で再会したのは幼なじみの山崎珠姫。かつて交わした約束、再び目覚める野球への情熱…白球に恋する少女達の物語、開幕!

ソク読み『球詠』紹介ページより

 

女子高校野球がメジャースポーツとして認知されている世界観の中、全国野球大会出場を目指す少女たちが野球に取り組む物語です。

主人公・詠深には強力な魔球がありましたが、あまりにも鋭い変化をおこすため、中学時代にはキャッチできる捕手がいませんでした。誰も取れない魔球など投げられません。結果、彼女は高校野球の道を断念します。

その後、制服が可愛いという理由で入学した高校で、幼馴染・球姫と再会を果たします。球姫は中学時代でも有名な捕手であり、詠深の魔球を捕球できる優れた選手でもありました。

そして、過去に不祥事を起こしたことから廃部寸前だった野球部を立て直し、彼女たちは全国野球大会出場を目標に活動することになります。

キャラクタ紹介

武田詠深(たけだよみ)

投手。ストレートは普通の球速だが、コントロールが良い。曲がりの鋭い魔球を有する。登板しない際には一塁や三塁を守る。魔球を捕球できる捕手がいなかったため、中学生時代は無名。練習試合の打率は.050なので打撃はお察し。メッセかよ、ってくらい投げたがり。

山崎珠姫(やまざきたまき)

詠深の相棒捕手で幼馴染。名門中学の出身で、強気なリードと好守が特徴。149cmと小柄。公式戦捕逸ゼロの名に恥じず、詠深の魔球をキャッチした。投手への返球も正確かつ迅速であり、投手のリズムを作る。ドラフトで指名したい。

中村希(なかむらのぞみ)

左投げ左打ちの一塁手。チーム内最強打者。博多弁で話す。5試合で打率.523という脅威の数字を残すも、得点圏打率.000とチャンスで弱かった。マネージャーである芳乃に対して非常に強い信頼を置いている。

藤田菫(ふじたすみれ)

2塁手。堅実なプレーが持ち味。打率は高くないが三振が少なく、チームプレーを尊重する性格的にも2番に適している。稜とは腐れ縁で、プレースタイルも真逆で度々口論する。そんな2人が連携の大事な二遊間を守るとかマウンテンプクイチ先生流石です。

藤原理沙(ふじわらりさ)

2人しかいない2年生のうちの1人。主に三塁を守るが、投手としての練習もしている。第2投手のポジション。「怜と一緒にグラウンドに立ちたい」という動機で、廃部寸前の野球部に籍を置いていた。怜×理沙の2年生カップリング大好き。

川崎稜(かわさきりょう)

菫と2遊間を守る。プレーが荒っぽい。逆に難しい打球を処理する能力は高いため、好守も魅せる。タイガースで言うと上本くんって感じの守備力だけど、この喩え多分誰も頷かないからやめる。良く言うとフリースインガー。悪く言うとおバカ。

川口息吹(かわぐちいぶき)

川口姉妹の姉。すぐ弱音を吐くが、泣きながらも頑張る子。選手のコピーが上手い。ただし、能力不足で球速などは再現できない。野球のセンスが良いらしい。コピーの再現性は高いため、身体能力がつけば黄瀬くんのパーフェクトコピーみたいなこともできるかも。あ、今のネタは黒子のバスケです。

岡田怜(おかだれい)

2人しかいない2年生の1人。守備位置はセンター。名実ともに部長であり、走攻守三拍子そろった選手。特に守備に優れている。顔が波沢のド好みだけど、多分誰も知ったこっちゃないので語らない。クジ運がなさそうで、実際クジ運なかった。

川口芳乃(かわぐちよしの)

マネージャー。双子の川口姉妹の妹。データ分析に秀でている。試合中の指示、練習メニューの考案、打順の組み方も担当。凄いマッサージもできる。相田リコ的ポジション。あ、今のも黒子のバスケネタです。試合には出ていないけれど、多分そのうち出てくる秘密兵器。

大村白菊(おおむらしらぎく)

はっちゃけた画像を選んでしまった。剣道で全国優勝経験を持つが、野球は素人であるため、能力で言えば低い。三振も多い。が、何せパワーがえげつない。希から羨ましがられるほど。当たれば飛ぶ。ミートG、パワーAって感じのイメージ。剣道経験者ゆえに礼儀正しく、言葉遣いも丁寧。

感想

プロ野球ネタを探せ

この漫画、とにかくマウンテンプクイチ先生の野球愛が伝わってきます。

というわけで、野球の小ネタが随所に仕込まれています。例えば漫画の裏表紙。3冊並べてみたのですが、プロ野球がお好きな方ならピン、とくるかと思います。

実はこれ、プロ野球選手の特徴的なポーズなんですね。左から順に、

  • ホークス松田選手スイング後のケンケン
  • 同選手がホームランを打った際に叫ぶ「熱男」ポーズ
  • 敷田直人審判員の卍ポーズ
  • レアード選手の寿司パフォーマンス
  • デスパイネ選手のホームランパフォーマンス

になります。プロ野球を観ていない方は「なんのこっちゃ」という感じですね!

他にも選手の名前。武田詠深の苗字は、ホークスの武田翔太選手がモデルでしょう。武田選手の武器は大きく縦に割れるドロップカーブで、魔球と呼ばれる変化を誇ります。詠深の魔球が似ていますよね。

ほかにも詠深がマエケン体操をしたりしてます。

野球好きの方は、読み返すたびに新たな発見があるかもしれないですね。

王道にして硬派な野球漫画

かつて強豪校であったチームが不祥事を起こし廃部寸前。残ったのは2年生の先輩2人だけ。そこに、運命の再会を果たした幼馴染のバッテリーが加わり、1年生を集めて全国を目指す――。

超・王道のスポーツ漫画ですね!

今まで、野球好き兼百合好きは常々こう思っていたハズです。

百合要素のある野球漫画が読みたい……でも野球はただのエッセンスじゃなくて……ガチな野球漫画の中に百合要素が入っているヤツが読みたい……。

そんな願望を叶えてくれるのが『球詠』です。

ピッチングやバッティングフォームの描写。試合中の作戦内容。選手の個性を汲んだ打順の組み方。プロテイン飲んだり。筋肉めっちゃついてたり。手にできた豆をチェックしたり。全てガッツリ丁寧に描いてくださいます。

ショートパンツでスライディングは痛そうですけど! 僕の友達もショートパンツでスライディングしてたので大丈夫です多分!

野球をメインで、そこに百合もある。その構成が凄く好きです。

百合要素について

今まで野球関連ばかり語ってきましたが、果たして百合漫画なのか、という点です。

大丈夫です。何せ女の子しか出てきません。それにマウンテンプクイチ先生ですから。百合好きの方には安心して読んでいただけたらと思います。

例えば下記の画像。他の野球漫画であれば、女子マネージャーが男子主人公に言うセリフです。でも『球詠』はバッテリーを組む少女2人のシーンとして描かれる。

こんな野球漫画を待っていた……。

まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ:マウンテンプクイチ著『球詠』第1巻p.107より

他にも、川口姉妹が何気なく手を繋いでるシーンがあったり、理沙が怜に憧れを寄せるシーンがあったり、凸凹二遊間コンビが口論してたり、実力者の希が芳乃に信頼を置いてたり。

野球を通して描かれる少女たちの関係は、百合好きとして大変満足です。

野球漫画目当てで勝った人が、『球詠』をキッカケに百合に目覚める、なんてパターンも嬉しいですね。

まとめ

今回は野球&百合漫画『球詠』の紹介をさせていただきました。

野球好きなら2度おいしい百合漫画です。百合好きの方は、この作品をキッカケに野球へ興味を持っていただければ嬉しいですね。

その際はぜひ、阪神タイガースを応援しましょう。

2018年10月4日現在、第4巻まで発売中です。ぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUT ME
波沢るい
働き始めて4ヶ月。適応障害を告知され休職中。どうせなら空いた時間でブログ作るかァ! と始めた次第。百合を読み、百合小説を書きます。