小説書評

【百合書評】ライオンの棲む街

百合書評第5弾。今回ご紹介させていただくのは『ライオンの棲む街』。

粗暴なライオン探偵・エルザと、天然気味の助手・美伽の美女(?)探偵タッグが送る、平塚おんな探偵の事件簿シリーズ1作目です。作中ではこれでもかっ! というくらい殺人が起きますが、2人のコミカルな掛け合いで悲壮感も感じさせません。

表紙が既に百合ですが、内容もやっぱり百合! というわけで、是非オススメしたいところ。

では、まずはあらすじを。

都会で夢破れ、故郷・平塚に帰ってきた元OLの川島美伽は、高校時代の旧友・生野エルザと再会する。“雌ライオン”の異名を持つエルザは、地元の刑事も一目置く名(?)探偵に成長していた……! 強引に助手にされた美伽はエルザと共に、厄介な依頼人が持ち込む奇妙な事件の調査を始める。海と祭りの街を舞台に、最強の美女探偵コンビの名推理が炸裂する本格ミステリー誕生!

祥伝社文庫:『ライオンの棲む街』あらすじより引用

著者は東川篤哉さん。有名な著書に『謎解きはディナーのあとで』がありますね。本屋大賞を受賞した作品です。他の作品にも「ミステリー」「探偵」といったキーワードが含まれており、作品の方向性が判るかと思います。

本作も探偵、事件簿という単語から窺えるように、エルザの探偵事務所に依頼人がやってきて、一風変わった依頼を2人で解決していく、という王道もの。

主人公・美伽の視点を通して、エルザが事件を解決していく姿が描かれていきます。

内容としては『女探偵は眠らない』『彼女の爪痕のバラード』『ひらつか七夕まつりの犯罪』『不在証明は鏡の中』『女探偵の密室と友情』の5短編が収録されています。

何度か紹介している相沢先生の作品と違い、殺人事件が平気で起きるのも特徴。というかね、短編5本、全部どっかで人が死んでます。ですが、前述の通り作品自体は陰鬱な印象もなく、寧ろ2人の会話は呑気なもの。文章にも癖がなく読み易いと思います。

作品の特徴は2つかな、と思います。ミステリーと探偵2人の掛け合いですね。

ミステリーの面に関しては、驚愕のトリックが! という程大掛かりなモノは登場しません。短編なので致し方なし。とは言え、1つ1つの話は纏まっており、充分受け入れられる結末になっています。

掛け合いに関しては、読むうえで2人の区別化がなされていてラクに読めます。口調が全く違うのでありがたいですね。

バディものは正反対の2人を組ませるのが王道ですが、エルザと美伽は真逆、というほどでもありません。最初から互いの好感度も高い状態から始まりますので、気心の知れた相棒と小粋な掛け合いをしながら事件を追います。

個人的には、もう少し美伽に役割を持たせてあげても良かったのかのかぁ、とは思いました。頭を使うのも身体を使うのもエルザがメインだったので、その点に関しては2作目、3作目に期待ですね。

女探偵2人のバディもの。これを百合と言わずなんと呼ぶのか。

男2人でもなく、男女のペアでもなく、女性2人を組ませてくださった東川先生に感謝です。

ABOUT ME
波沢るい
働き始めて4ヶ月。適応障害を告知され休職中。どうせなら空いた時間でブログ作るかァ! と始めた次第。百合を読み、百合小説を書きます。